1. HOME
  2. ブログ
  3. 商品紹介
  4. ミルボン オルディーブルーセントラインとはどんなヘアカラーなのか?全色紹介します。

BLOG

ブログ

商品紹介

ミルボン オルディーブルーセントラインとはどんなヘアカラーなのか?全色紹介します。

3月発売予定の美容室専売ヘアカラーオルディーブ“ルーセントライン”

先日は同カラーが進化するという事で、そのスペックを紹介させていただきました。

【注目の新色】ミルボンオルディーブ『ルーセントライン』の特徴とは?

例年、『オルディーブ』は春夏トレンド・秋冬トレンドの新色が出ますが、今回の新色は

3色相、それぞれの色の明るさを含めると、30色発売されます。

ちなみにこのカラーは例年のシーズンカラー提案から年間カラー提案へシフトし、

今年は春のみの発売です。

この3色相には『暖色・寒色・中間色』があり、より個性を重視したパーソナルなカラーに

トレンドを混ぜた提案を楽しんでもらうことが狙いです。

ルーセントラインの色の共通ポイントとして

『やわらかさ・透明感・肌色が明るくなる』を叶えます。

ルーセントラインの3色はどのような色なのか解剖していきましょう。

肌映えニーズの変化

2020年のトレンドは“肌映え”でした。

2021年は“肌映え”に色を求められるようになり“肌映え”と“色”がキーワードになります。

先にもあった、個性を重視したパーソナルカラーに、昨年からのトレンドの“肌映え”をたした、

より『肌映えニーズ』に応えられるカラー剤です。

そんなお客様の『して欲しい』『やってみたい!』を叶える3種類の色相はこちらです。

新色その① ルーセントミント【LUMI】

ルーセントミントは寒色系に属した肌映えカラーでくすみのない『マットアッシュ』です。

肌映えポイントは・・・

肌トーンをアップして、柔らかなヴェールをまとったような、優しい印象をもたらします。

寒色には下記のようなメリットがあります。

【デメリットもありますが気になる方は引用元をご参考に・・・】

寒色系のメリット

・日本人特有の赤みオレンジ味を消せる
・髪がやわらかく感じる
・おしゃれ、オフィス、清楚まで似合わせ

引用元:https://www.toi3.net/article?id=29765

新色その② ルーセントセピア【LUSP】

ルーセントセピアは中間色に属し、幅広いアンダー対応ができる『モノトーン』です。

肌映えポイントは・・・

透明感をアップして、クリアでみずみずしい、透き通るような印象をもたらします。

・・・という説明では美容師さん以外では『セピアって?アンダーって?』となり、ちんぷんかんぷんで

説明不足だと思います。

下記の『セピアって何色?』と『アンダーって何?』を一読いただければ

わかり易くなると思います。

補足説明①・セピアって何色?

セピアは赤色から黄色にかけて、彩度(鮮やかさ)を抑えた物をセピア色といえます。

ですので赤系のセピア、オレンジ系セピア、イエロー系のセピアなどがあります。

先にもありました、ルーセントカラーは“クリアベージュ”と“クリアグレイ”を掛け合わせ

『肌映え』と『素材対応』をしています。

ですので“クリアグレイ”・・・モノトーン【灰色】系?なのかなと思っています。

参考元:彩の雑記/セピアって何色だろう

 

どうしてもセピア色の説明に納得いかず、エビデンスも欲しく、調べてみましたが、言葉で

表現できる明確な色の定義は出てきませんでした。

そんな中、こういった一文がありましたので紹介させていただきます。

色褪せた古い写真の色をセピア色と表現したことから『古いもの=セピア』というイメージが作られたようですね

引用元:セピア色のセピアの意味は?

補足説明②・アンダーって何??

幅広いアンダー対応ができる。

これも、美容師さん以外だと聞きなれない言葉ですね。

経験の中での解釈に基づいた説明ですが、黒髪をブリーチやカラーを繰り返すとメラニン色素

が分解され髪が明るくなっていきます。

明るさは明度と呼ばれ、その明るさを数値化した物が“〇レベル” ※〇には数字が入ります

といいます。

例として『アンダーが8明度の髪』『アンダーが6くらいかな』というやり取りがあります。

本文にある『幅広いアンダーに対応』とは簡単に言うと “暗い髪・明るい髪”に対応という

解釈でよろしいのではないかと思います。

※高明度=明るい髪 低明度=暗い髪 アンダーを削る=明るくする

アンダーの明るさ=カラーの褪色での明度

など色々な言葉で表現されます。

新色その③ ルーセントロゼ【LURS】

ルーセントロゼは暖色系に属した肌映えカラーで、根元からやわらかな『ピンクベージュ』です。

肌映えポイントは

血色感をアップして、あたたかくやわらかで健康的な印象をもたらします。

ピンクベージュって多くのメーカーが出しているとは思いますが、

ルーセントラインのベージュはギラつかないやわらかなピンクベージュです。

暖色には下記のようなメリットがあります。

【重ねて言いますが、デメリットもあります。気になる方は引用元をご参考に・・・(笑)】

暖色系のメリット

・鮮やかなので顔色がよく見える

・暖色を入れることでツヤが出る

・清楚、キュート、フェミニンの似合わせ

引用元:https://www.toi3.net/article?id=29765

まとめ

以上が新色オルディーブ“ルーセントライン”の3色です。

是非『発色』『ダメージ耐性』『肌映え』3つの進化を体感してください。

発売は3月上旬で3月10日過ぎにはオルディーブを使用されているサロンでカラーの施術を

受けることができます。

自身が利用している美容室で『ルーセントカラーをしてもらえますか?』と

聞いてみられてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.

matsuo

仕事以外の時間は1歳の男の子の育児におわれる新米パパ。 息抜きは男飯の料理とPS5。子供と『孤独のグルメ』を見るのが好き。外出時は『ドラゴンクエストウォーク』の起動は忘れない。
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事